車くるま | 看護師の眼鏡

インテリ看護師の眼鏡の奥を射止める彼の車♪

2015年4月 のエントリー


出産をふりかえって

2015年4月28日 - 21:53 | 投稿者 gokaku-navigokaku-navi

息子を出産した時、私はまだ二十歳だった。
若くて何も知識がなく、ただただ、産まれてくることが楽しみだった。
それは陣痛から始まった。
最初はなんだかお腹が痛くて下したのかと思うような痛みだった。
それが1時間おきにあってだんだん、感覚が短くなってくる。
これはもしかして、と思い夫に話し、夜中に病院に連れて行ってもらった。
この時は痛いけど楽しみだねー、なんて笑える余裕があった。
病院についてしばらくしてから痛みが増し始めた。
笑えなくなってきて本当につらかった。
長時間に及んだので眠くて眠くて仕方がなかった。
陣痛の痛みの間に眠っていたらしいが痛みと眠さでよく覚えていない。
ついに分娩室へ入り、夫も立ち会い、出産となった。
痛くて痛くてたえられなかったけど、赤ちゃんに会えることを楽しみにがんばった。
もう自分はどうなってもいいと思った。
それくらい、赤ちゃんが無事に生まれてきてほしいと願っていた。
そしてようやく、息子が生まれた。
お医者さんの指示で主人がへその緒をはさみで切った。
その時のうれしそうな顔が忘れられない。
こうして息子は生まれてきてくれた。
出産後も体系を維持している芸能人はすごいな。

カテゴリー 未分類 | コメント(0) »